法律事務所の「ビリング(請求書)業務」とは、どのようなお仕事ですか?



相談者:女性/34歳/一般事務(派遣)

法律事務所での経理系の業務に「請求書作成業務」というお仕事があります。

「Billing業務」と呼ばれることがあり、一般事業会社の請求書とは、少し異なるものです。 弁護士費用の請求書作成をする際には、報酬/実費といった種類があり、以下のように項目分けができます。 ・着手金 ・(成功)報酬金 ・手数料 ・時間制報酬(タイムチャージ) ・法律相談料 ・書面の鑑定料 ・日当 ・実費 今回は、上記の内「時間制報酬(タイムチャージ)」についてご紹介していきます。 時間制報酬(タイムチャージ)とは、弁護士の作業時間に応じて支払う費用です。契約書作成など、多くの作業量を有する調査業務等の際に、時間制で報酬が計算されます。 事務所によってその処理の仕方に違いがありますが、Billing業務担当者が弁護士や秘書とチームになって、報酬額の計算しExcelや専用システム等に入力、請求書として完成させていきます。

「Billing業務」は、事業会社で行う請求書作成とはまた違い、普段接点の少ない弁護士などのプロフェッショナルな専門家とチームで働けるので、職務そのものの面白さに加え、やりがいや「レア感」も魅力のひとつと言えるでしょう。

さらに、「Billing業務」は、法律事務所やコンサルティングファーム等で発生することの多い仕事なので、専門職・専門的な経験とみなされます。+αのスキルとして転職にも有利に働くでしょう。 REX派遣では会計・特許・法律に特化した派遣求人をご紹介しています。 気になる求人はこちらから! 些細な疑問やお悩みでも、どうぞお気軽にご相談ください。

気になる「法律関連」の求人はこちらから!