経理が会計事務所へ転職するメリット

最終更新: 1月28日

難解な会計知識や業務経験が無ければ働けないというイメージを持たれる「会計事務所」ですが、職種未経験でも会計事務所で働くことができるということをご存知でしょうか?

実は、一般企業の経理経験や簿記の知識があれば、「税理士補助」として会計事務所で働くことができ、会計の知識を身に付ける事が可能となのです。

更に、その後の転職活動においても、「会計事務所で数年働いていた」という経歴は、その後の会計業界での採用しやすくなる場合があります。


ぜひ、この機会に会計事務所への転職を挑戦してみませんか?

ここから職種未経験でも会計事務所に働くメリットをお話しましょう。


自身のスキルアップ・キャリアアップに!

一般企業の経理経験がある方は、決算業務や納税関連などの難しい業務は税理士にお願いしていた、という方も少なくはないでしょう。

業務の難易度が格段に上がる会計事務所で働けるというのは「会計知識」の底上げにつながるまたとないチャンスです。

複数の企業の決算業務や、申告書作成などを担当する事で、税理士補助として自身のスキルアップはもちろん業界の知識も付ける事ができることから、会計事務所はキャリアアップがしやすい職場といえます。

会計事務所は忙しいイメージがあると言われていますが、実はワークライフバランスが取りやすい業界です。

例えば、週3日勤務や9時~15時などの時短勤務が可能な事務所が多く、その他にも残業が少ない事務所も多いためお子さんがいる方や税理士を目指している方、Wワークをしている方などが勤めており、比較的自由度を高めに働くことができます。

決算月や月末月初などの繁忙期はありますが、メリハリがついているため、基本的には時短勤務や短日数勤務の相談もしやすいというメリットがあります。


「経理」が「会計事務所」で働くメリットは2点

では実際に会計事務所で働くメリットはどのような点でしょうか?

まず一つは「経理業務でも、フロントとして活躍できる」という点です。

企業の中では、営業が売上を作る人、経理はあくまでも事務方としての扱いが一般的な捉え方です。決算業務も会社を運営する上でのひとつの管理系の仕事ではありますが、企業内ではあくまでも「縁の下の力持ち」という役割に感じる方が多いのではないでしょうか。他方、会計事務所の場合は、決算業務をすることそのものが売上を作るメインの仕事となります。

その為、簿記3級の知識や、企業経理の仕訳け経験のスキルを存分にアピールすることができます。

よく年齢や学歴についてご質問いただくのですが、平均年齢としては40代半ば~50代前半の事務所もあり、年齢や学歴についてあまり気にされる事はありません。

二つ目は「経理のスキルを早くアップすることができる」という点です。

企業で経理をする場合は、一年で一通りの経理業務に携わりますが、会計事務所であれば数多くの企業の経理を一度に担当することになるため、企業経理よりも早くスキルアップができ、知識の幅も大いに広がります!

このような経験は会計事務所に勤めているからこそできる事です。


年齢よりも経験、知識の部分を問われることが多いため、少しでも経理や簿記の勉強をしていた、という方は経理職としてキャリアアップの為に会計事務所への転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。


会計事務所に興味があるという方、話だけでも聞いてみたいという方は、ぜひREX派遣にご連絡ください。