40代でお仕事探し!派遣で採用される3つのコツ

こんにちは。REX派遣の川岸です。

私は普段コーディネーターとして、求職者の皆さまとご面談・ご相談を受けてアドバイスをさせていただいております。

今回は40代・50代からのお仕事探しについてご紹介します。

40代・50代のミドル世代の女性の中には、目まぐるしかった育児が一旦落ち着き始め、家庭と両立させながら比較的柔軟に働ける派遣でお仕事をしてみようという方も多くいらっしゃいます。

一般的に20代後半から30代が転職に丁度良いタイミングと言われており、いざ派遣でお仕事を探そうとされた時に「この年齢からでも本当に仕事があるのか?」「色々応募しているけれど中々お仕事が決まらない」といったお悩みの声を多く耳にします。

今回は、40代・50代からお仕事探しをされる主婦の方におすすめの転職求人や良い求人の探し方についてお話します。


40代からのお仕事探しのお悩みとは?

求職者の方とお話をしていると、求職活動において様々な相談を受けます。

中でも多いのが次の通り。

・周りの同世代(40代・50代)がどんな職種で働いているのか

・どういった環境で働いているのか

・ワークライフバランスは充実しているの?

求職活動中、上記のように不安に思うことや疑問に感じる時があると相談をいただくケースが多いです。

これらの疑問点を少しでも払拭できるよう解説しますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

それでは、求職活動に大切な3つのポイントを説明していきます。


①選ぶ職種が自分に合っているのか

なぜ応募しても中々受からないのか…?

もしかすると最初の職種選びが間違っているかもしれません。


まずはご自身が経験してきた職種で探していきましょう。

例えば、経理や労務を長年やってきた方が、新たに秘書や受付に応募する場合、合格率は低下傾向に見られます。

これは未経験の職種へチャレンジとなると、企業側も教育やチーム内の年齢バランスを考えて20代~30代前半を優先して採用していく傾向があるからです。

一方、接客業経験者が事務職へ転職する際は、今まで携わってきた接客業務の中に事務業務の要素があれば、そこをアピールしていくのがおすすめです。

大きく仕事内容が変わる職種へのチャレンジは厳しいですが、例えば簿記3級を持っているから経理に応募する、TOEIC800点以上保持しているので英文事務へチャレンジするなど、資格を活かせば働くチャンスに繋がります。

経験職種と関わりがあるのか、または活かせる資格があるのかが職種選びのポイントになります。


②求人選びの条件は合っているのか

主婦の方は、家事や育児、または介護のために時短や週2~3日で働きたいという希望をいただくことが多いです。

家事育児で忙しい中、働こうというポテンシャルは大変素晴らしいと思います!

ですが、勤務日数や勤務時間などの条件面を重視するあまり、仕事内容を見落としてしまうと週2~3日でもハードワークで疲労が蓄積されてしまうケースも。

働く時間や日数も大事ですが、仕事内容もしっかりチェックすることがポイントです。

経理職種を例に挙げますと、週3日10~15時の勤務で業務内容に「決算業務」「日次の売上管理」が入っているとします。その場合、割り振られた業務をメインで担当することが多く、決められた労働時間で対応しなくてはならないとなるとハードワークになる傾向にあります。そのため、勤務終了後には疲労がたまり家事や育児、プライベートが疎かになってしまい、結果として家庭との両立が困難になってしまうことも。

そこで、求人をチェックする際「〇〇アシスタント」や「〇〇補助」などメインで働く社員のサポートにあたるポジションでチェックしてみてください。すると「決算補助」や「コピー・スキャン」というアシスタント業務がピックアップされ、希望のお仕事に見合った内容が見つかるでしょう。

このような求人であれば家事、育児にも専念できてワークライフバランスが充実しますよ!

ポイントは勤務日数、勤務時間内に無理なくこなせる仕事内容なのかどうかという点です。

もちろん「ステップアップしたい」「高度な仕事をもっとしたい」など優先順位は人それぞれ。

ご自身の優先順位にあった求人を選んでみてください。

ぜひ、条件の中でも「仕事内容」「ポジション」もチェックしてくださいね。


③提出する職務経歴書やお顔合せの印象の部分に注意する

最後に重要なのは、書類の内容やお顔合せの印象の部分です!

私の場合、日々求職者の方の職務経歴書をチェックしていますが、経験業務内容を簡素に書き上げる方が多く目につきます。

その場合、どの業務までお願いできるのかイメージが付きにくくなり、自然と書類選考の通過率も低下してしまいます。

年齢が理由でお見送りという事ではなく、20代であっても経歴が簡素だとマッチングできずお見送りになるパターンもあるのです。

「40代で新たに転職してもどうせ受からないのでは」とネガティブにならず、営業職や接客業務を経験してきた方であれば①でもお話したように事務職の内容を追記してください。

例として「スケジュール調整」「売上管理」という文言を入れるだけでも事務業務を行っていると分かります。

営業や接客でも自身やクライアントのスケジュール調整をすると思うので書類に記入しましょう!

職務経歴書についてはこちらもご参考に。「PCスキルについては、どの程度アピールすべきでしょうか?」

そして書類が通過した際、派遣の場合は応募先企業とお顔合せになり、職場見学という流れになります。

ここでは印象がとても大事です。

せっかく企業が求めている経歴をお持ちでも不愛想な態度や清潔感がないとお見送りとなってしまうことも。

ご自身の経歴を話される方もいますが、お顔合せ時には企業から聞かれた質問に結論から答え、紐づく内容を端的に話す事が重要です。

長々と話してしまうと、質問からそれてしまい、何が言いたいか分からないと思われてしまうなど企業からの評価が下がってしまうリスクがあるため注意してください。

これは年齢に関係なく、お顔合わせ時の対策は万全にしておきましょう。


REX派遣では、お顔合せ対策を行なっております。

志望動機を一緒に考え、企業側の雰囲気を伝えるほか事前にアドバイスできる部分についてお話をしております。また併せてキャリアカウンセリングも提案していますので、求職活動において悩みや相談がありましたらこちらからご連絡ください。